卒業後のキャリア・先輩の声

働きながら学べる学校。卒業後も引き続き中川企画建設で仕事を通じて経験を積み、建築・土木の現場監督して一人立ちする道を用意しています。ここでは。中川建築学校の前身である「中川企画建設勉強会」で働きながら学んだ先輩の声をご紹介いたします。

先輩スタッフの声


大阪本社 土木環境事業部

2017年4月 入社

活気にあふれている
私は、母国ベトナムの大学で土木を学びました。卒業後、我が社の技術レベルの高さに刺激を受け入社。今配属されている現場は、「小口径シールド」という工法において、世界最長記録である2,477 メートルのトンネル掘削に挑戦している現場です。このトンネル掘削は、「農業用水路」になります。ギネスに挑戦中の我が社は、活気にあふれています。


丁寧に教えてもらいました

新入社員研修の際、「外国人就労者に対する教育テキスト」を配布して頂き、安全管理の基礎知識を習得できました。先輩方には、一つ一つ親切・丁寧に現場監督としての仕事を教わり、現場管理を実践しています。将来は、高レベルの技術・知識を身に付け、母国ベトナムに我が社の最先端の土木技術を普及させたいと思います。企業理念である【人々の豊かさの実現のため、幸福のために存在する】という信念のもと、日本が誇るこの革新的な土木技術を世界に広め、貢献していきたいです。 



大阪本社 建築部

2016年4月 入社

きやすい会社
女性が少ない業界なので不安もありましたが、我が社には「本人が望むなら、まずはやらせてみる」という、男女問わずその人間を認める企業風土があります。先輩方には、時に厳しく、時に優しく指導して頂き、協力会社の方々にも可愛がって頂きながら安心して働いています。学生の頃、思い描いていたイメージとは真逆で、働き甲斐がある職場です。女子の皆さんもどんどん我が社へ飛び込んできてください。


プロ意識が高い
予算や工程・スケジュールの管理、打合せや納まりの確認、品質の保証に至るまで、全てに携わるのが現場監督の仕事です。50 年の実績を誇る我が社には、プロ意識が高い経験豊富な先輩がたくさん在籍しており、60 歳を過ぎても現役で、バリバリ現場に出て活躍している方もいます。匠の技を引き継ぎ、有用な人材になれるよう、一級建築士・1 級建築施工管理技士の資格取得を目指しがんばります。
 



大阪本社 建築部

2005年4月 入社

良い人間関係が築けました

これまで多くの現場に携わり、経験を積み、現場代理人として指揮をとっています。仕事は、作業員を率いる能力や事故を起こさないための気配り、豊富な経験や知識など総合的な人間力が試されます。そこに至るまでの課程は長いですが、チャレンジし甲斐のある仕事です。先輩や同僚に恵まれ、協力会社の方々にもお力添えを頂き、良い人間関係が築けたことは私の財産です。


よく学びよく遊べ
「よく学びよく遊べ」をモットーに、仕事一辺倒ではなく、リフレッシュするための時間も大切にしています。我が社では、フットサル部やテニス部などのクラブ活動も盛んです。部署や世代を超えて、楽しんで参加しています。社内行事においても、世代ごとの交流会、ソフトボール大会、暑気払いのBBQ 大会などのイベントも実施しています。私にとって社内行事は、上司や同僚に仕事の問題点や将来的な会社の方向性を聞いて、自分がやりたい仕事の内容やアイデアを伝えるチャンスだと思っています。立場や部署を超えた交流は刺激になり、社内のつながりを強めます。